[PR]3
24

[前へ/次へ]

[イギリス留学トップへ/トップページへ]

現地に着いてから(1)

空港での入国審査

イギリスの入国審査は厳しい。 出稼ぎ目的の外国人を警戒してのこと。 だから、自分は働くことが目的で入国するのではなく、 きちんとお金を持っていて、 語学研修が終わればおとなしく帰りますよということが アピールできればOK。 日本人がイギリスに出稼ぎに来るはずがないことぐらい 考えなくてもわかりそうなもんだけど、 彼らにとってはアジア人、と、ひとくくりであるらしい。 バカげた話だけど、これも仕方がない。 入国審査の前に、次の項目を自分で確認しておくとよいと思う。

  1. 所持金
  2. 滞在先の住所や電話番号
  3. 帰りの航空券

1.の所持金については、別に本当の額でなくても構わない。 要するに、入国審査の時に、えーっと、えーっと、と、 おろおろしたりすると怪しまれるということ。 滞在日数からして十分な額であれば大丈夫だと思う。 額を言ったらまさか現金を見せろとは言われないと思うけど、 もし言われても困るので私は、本当に正直に、 現金ではいくら、あとはクレジットカードと銀行のキャッシュカードを持ってきた、と言った。 そしたら、その銀行の口座の残高はいくらか、とまで聞かれた! 2.の滞在先については、名称、住所や電話番号を控えておくだけでなく、 語学学校からの手紙(入学許可証)は必ず手に持っておくべき。 見せろと言われる。 出稼ぎの人がビザ取り目的で形の上だけ入学するような 学校ではないということの証明のためにも。 3.の帰りの航空券はまさに、この日にはおとなしく出国します、というアピール。 これも見せろと言われることが多い。だから、 これらの書類や航空券は機内持ち込み手荷物に入れておく。

入国カードの各欄には正直に書き、 された質問に対しても正直に答えた方がよい。 というのが私の経験から言えること。 ウソを書いてあやしいと思われたら 長時間足留めを食らう可能性もあり。 イギリスでの住所の欄にも、 語学留学で来てるのなら ホームステイ先とか寮とかきちんと滞在先があるはずだからそれを書く。 某有名ガイドブックには、入国目的について、 「観光ですと答えればそれ以上聞かれない」などと書いてあるが そんなことはない。 滞在が3週間を超えるぐらいになれば、 観光ですか、そうですか、では済まないと思う。 実際、私自身が初めてイギリスに行った時、 観光目的だと言って、 滞在先もロンドンのその辺のホテルを書いておいたら、 今晩はここに泊まるとしても、その後はどうするのか、 イギリスに知り合いはいるのか、 ひとりで旅行するのか、 イギリス国内のどこに行くのか、と 徹底的に疑われて冷や汗をかいた。 (結構本気で怖かった)

入国審査では、まあ普通に聞かれるだろうと思われる質問 (いつまでイギリスにいるのか、いくらお金を持っているのか、入国の目的は)以外に こんな質問をされた。

最後の方なんかもう陰湿だとしか言いようがない。 会社の名前聞いて知ってるはずがないのに。 それに、そんなこと入国審査と何の関係があるのか。 まあ、一時の不愉快だと割り切って何とか入国しましょう。

2003.8.15


[前へ/次へ]

[イギリス留学トップへ/トップページへ]