[PR]3
24

[前へ]

[イギリス留学トップへ/トップページへ]

語学留学の意義について

私たちはなぜ現地の語学学校へ行こうと思うのでしょうか。 たいていは、英語を話せるようになりたいと漠然と思っているからでしょう。 しかし、英語を学ぶために現地の学校でそのための授業を受けるという形式自体に無理があるような気が 最近はしてきています。(長期留学なら話は別です) 語学の勉強というのは、単語を覚えたり文法を勉強したりという 自分でできる地道な努力と、実践で場数を踏むという2つの要素があると思いますが、 前者は日本で家でできますし、後者は、現地の語学学校の先生と ホームステイ先の家族たちと1、2か月話しても 効果は少ないのではないでしょうか。

私がイギリスに語学留学したのは、前述の「英語が話せるようになったらいいなーという漠然とした期待」と、 現地の生活が見てみたい、という興味(旅行の延長みたいなもの)からです。 もちろん、私は短期語学留学をしてよかったと思っています。 でも、それは、英語を話せるようになったからではなく(実際話せるようにはなってない・・・) 現地の生活を垣間見たのはほんとにおもしろかったし、 いろんなところに旅行したのも楽しかったし、 英語を話せるようになるための足掛かりとしては大いに役立ったのではないかと思うからです。 前にも述べた、「自分の英語が通じた」という小さな自信です。 実際、もし語学留学に行ってなかったら 英語圏に転職なんて全く考えられなかったと思います。 英語自体はまだまだこれからなのですが・・・

だから、片言の英語を話す人で、 日本にいながら仕事やプライベートで「自分の英語が通じた」という経験をする機会が既にかなりあった人や あるいは度胸と自信がもともとある人は、 短期の語学留学をしても、英語面で得られるものは少ないかと思います。 それこそ、普通に旅行をする方が経済的なのではないでしょうか。 また、逆に全く話せない人は、語学留学しても「自分の英語が通じた」という自信すら得られないでしょうから、 あまり意味がないように思います。

私の場合は結果的に、仕事で英語が必須の環境になってしまったので、 あのとき語学留学しといてよかったーと思っているわけですが、 それでも、語学留学したそのときにはそんなこと夢にも思わなかったわけです。 だから、別に明確に目的がなくても語学留学をしてみるのは良い経験だと思います。 ただ、英語力アップにこだわらず、「イギリス行ってみたーい!」というような ミーハーな気持ちで行くぐらいが良いのではないかと思っています。 疑似居住体験をしに行くという感じで。

2006.5.13


[前へ]

[イギリス留学トップへ/トップページへ]